お湯を加えると総合栄養食な..

a0072609_1231540.jpg

ウェット缶詰のオイシさ、お湯でもどすだけの手軽さ..ドギードゥーではすっかり定番なアディクションの低温乾燥フード。いつものフードのふりかけや手作り食、手作りオヤツの素材としてもおススメです!

いつもドライフードだけじゃ食いつきが今ひとつな愛犬、ついつい手を替え品を替え、トッピングやウェット缶与えているオーナーもいらっしゃるかと思います。でも小型犬の場合、ウエット缶だと食べきれ無くモッタイない事もありますよね。
そんなオーナーに是非お勧めしたいアイテムが低温乾燥フード。
このフード..ドラフード決定的に違うのがその形状。ふりかけこの如くパサパサ..これにお湯を注いで混ぜ合わせるとウェットフードになります。いわゆるフリカケとは異なり、低温乾燥フードの良いところは嗜好性もることながら、総合栄養食なところです。おかずだけ食べてしまうワンコにもピッタリです。もちろん与える分量だけ使うので残してしまう事もありません。
トッピングとして、お湯を掛けてウェットの主食として、手作りフードの素材としても重宝するアイテムです。

a0072609_12323892.jpg

・ベニソン&クランベリー(左下)
ストラバイト結石でお悩みの愛犬に、尿のpH(ペーハー)を弱酸性にする作用があります。
鹿肉は一般的に食べられる他の肉類より脂肪分が少なく、また抗酸化作用があるといわれているポルフェノールが豊富なクランベリーを使用いています。

・ベニソン&イチジク(中央上)
アレルギー症状でお悩みの愛犬に、炎症を抑える成分をもつといわれているイチジクを使用。
低アレルゲンの肉類、鹿肉を45%以上使用し、タンパク質分解酵素や抗炎症作用あるイチジクを使用いております。

・チキン&アプリコット(中央下)
目の健康のために、βカロテンが非常に多く含まれているアプリコットを使用。
ニュージーランド産のフリーレンジチキンを50%以上しようしたグレインフリーフード。
ジューシーで甘いアプリコットにはβカロテンが非常に多く含まれております。

・ビーフ&ズッキーニ(右上)
泌尿器ケアが必要な愛犬のための、利尿作用があるといわれるカリウムが豊富なズッキーニを使用。
βカロテン、カリウムが豊富なズッキーニにほうれん草やパパイヤ、牛肉をふんだんに使用した、嗜好性抜群のグレインフリーフード。

・カンガルー&アップル(右下)
胃腸がデリケートな愛犬におすすめ。
低コレステロールのカンガルーと整腸作用があるアップルの組合せ。
カンガルーは高タンパクであり、低脂肪、低コレステロールの三拍子です。また赤身には※共役リノール酸(CLA)が豊富に含まれており、日々の健康や体重調整、重要な多くの身体機能をサポートします。
ウェールズ地方のことわざで、日本でも有名な「1日1個のリンゴで医者いらず」。
リンゴには抗酸化作用や整腸作用などを持っております。

※共役リノール酸(CLA)とは
脂肪を分解する酵素を活性化し、脂肪を燃えやすくし肝臓、筋肉、脂肪組織で体に蓄積された脂肪を燃焼します。脂肪細胞内へ余分な脂肪を取り込む酵素の働きを阻害し、脂肪の蓄積を抑えます。
a0072609_1233192.jpg


低温乾燥フードとは..
ペットフードの新しい製法です。肉類や野菜、フルーツなどの新鮮な食材を、その食材が持つ栄養価を保持しながら、緩やかに脱水する「低温乾燥製法」で製造されています。低温で水分を除去していくことにより、微生物の繁殖での腐敗を防いでいます。また、褐色変化(食物の色が変わり、香りが落ちること)も効果的に防ぎます。これにより、缶詰やドライフードよりも栄養価が高く、且つ利便性の高いフードが出来上がります。
アディクションのRaw Dehydrated Food(低温乾燥フード)は全て、ニュージーランドのベイオブプレンティの自社工場にて製造されています。
どんなに新鮮な食材を使用していても、加熱することで、その栄養価の大部分は失われてしまいます。
「低温乾燥製法」で製造されたフードは、ドライフードや缶詰と比べ、ビタミン類やアミノ酸、脂肪酸、抗酸化物質や酵素など、様々な有用成分を保持しています。また、Raw Dehydrated Food(低温乾燥フード)は、サルモネラ菌や大腸菌など、様々な細菌類を殺菌していることが保証されています。
by doggie-do | 2015-10-09 12:38 | Dog Foods | Comments(0)

Doggie Do!!


by Burn